忍者ブログ
にきび・いやなブツブツ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

背中のにきびを改善するには、いつも背中を清潔に保ち、ホルモンバランスの崩れない規則正しい生活を心がけることに他なりません。そのあたりをもう少し具体的にまとめてみました。


背中のにきびの改善法


1.背中を清潔に保つ
皮脂分泌の多い背中は汗を溜めない努力が必要です。汗が多い患部は細菌も繁殖しやすい環境にあることを肝に銘じましょう。入浴法等の改善だけで背中のにきびが治るケースは多いです。


2.正しい入浴法を実践
特に頭を洗う際のシャンプー等の洗い残しを放置しないようにしましょう。


3.生活改善・食生活改善を心がける
睡眠を充分にとりホルモンバランスの崩れを避けましょう。もちろんバランスのとれた食事も必要です。


4.外的刺激から肌を守る
特に紫外線が肌に良くありません。肌(皮膚)の角化を促しますので要注意です。

PR
運動で善玉コレステロールを増やすには、少なくとも1回に30分以上、1週間で計2時間以上の運動量が必要であることが、お茶の水女子大の研究グループの調査でわかった。米国の内科学雑誌に発表される。

 血液中の余分なコレステロールを回収することから「善玉」とされるHDLコレステロールは、運動によって増えるとの指摘はあったが、どの程度行うべきか明確な指標はなかった。

 同大生活習慣病医科学講座の児玉暁(さとる)研究員と曽根博仁准教授(代謝内分泌内科)は、ウオーキング、ジョギングなど有酸素運動によるHDLコレステロールの変化に関する25の研究論文のデータを解析した。

 それによると、HDLコレステロールの上昇には、週当たり推定消費エネルギーで900キロ・カロリー、時間にして2時間以上の運動量が必要だった。一般に1時間の速歩きで300キロ・カロリー程度消費するとされる。(出典はヨミウリオンライン)

一週間に合計約2時間の運動。
1日30分としても7日のうち4日は運動の日を作らないといけないということ。
まあそれだけ運動すれば体調はよくなるのはうなずけるが、あたまえすぎて驚きのほうが小さいか・・・
でも、どれだけ、どのように運動すれば善玉コレステロールが増えるのかを分析した功績は大きいよね。
米バージニア工科大学で起きた銃乱射事件の容疑者が韓国出身者と分かり、韓国社会には驚きと懸念が広がっている。ソウルの外交通商省では17日深夜、宋旻淳外交通商相を議長とする緊急対策会議が開かれ、盧武鉉大統領が別途、事件について「名状しがたい驚がくと衝撃」と犠牲者、遺族への弔意を公式に表明した。(引用:ヤフーニュース)


非常に驚きをかくせないこの留学生発砲事件。
いったい容疑者はどこからライフルを手に入れたのか。
アメリカの裏社会と普通の学生がどのようなルートで接続されたのか。
非常に難しい問題だ。


忍者ポイント
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
Powered by ニンジャブログ Designed by ゆきぱんだ
にきび All Rights Reserved
忍者ブログ // [PR]